新しいことにはウェルカム

技術 | 電子工作 | ガジェット | ゲーム のメモ書き

Googleアナリティクスをもう少しちゃんと使ってみる(Googleデータポータル Data Studio)

Googleアナリティクスは見た目はカッコいいんですけど、難しくて今までちゃんと使ったことはありませんでした。

そんな中、Googleアナリティクスのデータを集計する機会があって、Googleアナリティクスをもう少しちゃんと使ってみる必要がありました。

備忘録として、Googleアナリティクスを本格的に使おうとして躓いたポイントを中心に、Googleアナリティクスの使い方を簡単にまとめておこうと思います。

量が多くなったので記事を下記の4つに分けていて、本記事は4つ目の記事になります。

その1:基礎

Googleアナリティクスをもう少しちゃんと使ってみる

その2:ユーザー・セッション・閲覧開始・ページビュー

Googleアナリティクスをもう少しちゃんと使ってみる(ユーザー・セッション・閲覧開始・ページビュー)

その3:ディメンションと指標

Googleアナリティクスをもう少しちゃんと使ってみる(ディメンション・指標)

その4:Googleデータポータル(Data Studio)

Googleアナリティクスをもう少しちゃんと使ってみる(Googleデータポータル Data Studio)

Googleデータポータル(Data Studio)の位置づけ

Googleアナリティクスのグラフは、必要最低限の機能しかありません。

棒グラフにしたり、プルダウンでフィルターをかけたりなど、もう少しちゃんとしたグラフを作りたい場合は、Googleデータポータル(Data Studio)を使う必要があります。

Googleアナリティクスは、データの収集と集計を行い、そのデータの可視化はGoogleデータポータル(Data Studio)が行うという役割分担がされています。

この役割分担はGoogleアナリティクスに限らず、Googleサーチコンソール、Google Adsなど、Googleの各種サービスにも当てはまるので、Googleデータポータル(Data Studio)の使い方は覚えておいて損はないかと思います。

Googleデータポータル(Data Studio)の使い方

Googleデータポータル(Data Studio)の使い方は、別記事にまとめました。

www.kwbtblog.com

注意点

Googleデータポータル(Data Studio)から、Googleアナリティクスのディメンション・指標は、下記の理由があって見つけづらいです。

  • ディメンション・指標がグルーピングされない
  • ディメンション・指標名がGoogleアナリティクスと一致しないものがある

このあたりはどうしようもなく

  • Googleデータポータル(Data Studio)のディメンション・指標設定時に検索で探す
  • 名前が一致しない場合は、名前から推測する

で対応するしかありません。

f:id:kwbtblog:20210111132929p:plain

関連カテゴリー(Googleアナリティクス)記事

www.kwbtblog.com

www.kwbtblog.com

www.kwbtblog.com