新しいことにはウェルカム

技術 | 電子工作 | ガジェット | ゲーム のメモ書き

Googleアナリティクスをもう少しちゃんと使ってみる(ユーザー・セッション・閲覧開始・ページビュー)

Googleアナリティクスは、見た目がカッコいいので簡単そうに見えるのですが、いざ使おうとすると意外に分かりにくくて、今までちゃんと使ったことはありませんでした。

そんな中、Googleアナリティクスのデータを集計する機会があって、Googleアナリティクスをもう少しちゃんと使ってみる必要がありました。

ここでは、Googleアナリティクスを何となくではなく、もう少しちゃんと使ってみる方法についてまとめてみました。

量が多くなったので記事を下記の4つに分けていて、本記事は2つ目の記事になります。

その1:基礎

Googleアナリティクスをもう少しちゃんと使ってみる

その2:ユーザー・セッション・閲覧開始・ページビュー

Googleアナリティクスをもう少しちゃんと使ってみる(ユーザー・セッション・閲覧開始・ページビュー)

その3:ディメンションと指標

Googleアナリティクスをもう少しちゃんと使ってみる(ディメンション・指標)

その4:Googleデータポータル(Data Studio)

Googleアナリティクスをもう少しちゃんと使ってみる(Googleデータポータル Data Studio)

ユーザー・セッション・閲覧開始・ページビュー

Googleアナリティクスで分かりにくいものの一つが、この「ユーザー・セッション・閲覧開始・ページビュー」の違いかと思います。

それらの分かりやすい解説は、検索すれば多くの記事が見つかるので、ここでは簡単な説明と、引っかかりやすいポイントのみ記載しました。

ユーザー

  • 1ブラウザを1ユーザーとしてカウント
  • 1つのサイトを1日に何度も見ても、ユーザー数は1としてカウントされる
  • 2つのブラウザで、1つのサイトを見ると、ユーザー数は2としてカウントされる

いわゆる「ユーザー」と聞いてイメージするものと同じで、難しくないかと思います。

ページビュー

  • ページが1回表示される度に1カウントされる

いわゆる「見られた回数(ページビュー)」のことで、これも難しくないかと思います。

セッション

  • サイトを閲覧開始してから、サイト内を巡回し、サイトを離れるまでを、1セッションとして定義
  • 閲覧開始から30分以内の巡回は、1セッションとしてくくられる
  • 閲覧開始から30分を超えた後の閲覧は、新しいセッションとして始まる
  • 新たな閲覧開始は、30分以内であっても別セッションとしてカウントされる
    • 例えば、ブックマークからサイト閲覧を開始し、そのセッション期間中に、新たに検索でそのサイトにアクセスした場合は、別セッションとしてカウントされる
  • セッション間隔(デフォルト30分)は設定で変更できる

セッションはちょっとややこしく、詳細は他の記事を調べていただけるとよいかと思います。

特に、ページ毎のセッション数を求めたり、閲覧開始数との違いを考慮し始めると、更にややこしくなるので、そのあたりを後で詳しく記載します。

閲覧開始

  • 閲覧開始した時に1カウントされる
  • いわゆる、ランディングページのページビューと同じ
  • 閲覧開始とは、セッションの開始のこと
    • 例えば、2セッションあった場合は、閲覧開始も2回となる

表現が分かりにくいのですが、要は、ランディングした時のページビュー数のことです。ランディングした時のみで、ページ遷移で閲覧されたページビュー数はカウントに含まれません。

セッションの注意点

ページ単位でセッションを求める時は、注意が必要です。

セッションがカウントされるのは、セッション期間中に閲覧したページ全てと考えがちですが違います。

セッションがカウントされるのは、セッションを開始したページだけです。

support.google.com

例えば、セッション中に

A B C B A

と閲覧したとします。

その場合、セッションがカウントされるのは「A」だけで、セッション数は「1」となります。他の「B」「C」のセッション数は「0」です。

このように、セッションをページ単位で区切らなかった場合は、セッション数はイメージ通りなのですが、セッションをページ単位で求めた場合は、意図したものと異なることがあるので注意が必要です。

セッション中のユニークページビュー

セッション中に閲覧したページを、閲覧回数に関わらず、1としてカウントしたいことがあります。

例えば、前述の例だと、「A」「B」「C」を「1」としてカウントする場合です。

そういった場合は、指標に「ユニークなディメンションの組み合わせの数」を使うと集計できます。

セッションと閲覧開始

セッションと閲覧開始は、ほぼほぼ同じ数になるのですが、一致しないこともあります。

support.google.com

なので、ランディングページのページビュー数を求めるには、セッションではなく、閲覧開始を使います。

まとめ

「A B C B A」の順の閲覧を、2セッション行った場合の、「A」「B」「C」の「ユーザー」「セッション」「ユニークなディメンションの組み合わせの数」「閲覧開始」「ページビュー」は下記になります。

A B C B A
A B C B A
指標 A B C
ユーザー 1 1 1
セッション 2 0 0
閲覧開始 2 0 0
ページビュー 4 4 2
ユニークなディメンションの組み合わせ 2 2 2

個人的には、ページ単位のセッションはミスリードしやすいので、使わない方がいいかなと思ってます。

その他

直帰率

閲覧開始して、そのページだけ見て離脱し、他のページに遷移しなかった割合を示します。

定義は、「そのページだけしか見なかったセッション数」を「そのページのセッション数」で割ったものになります。

support.google.com

ページ滞在時間

ページを閲覧開始して、他のページに遷移するまでの時間です。

ページを閲覧開始して、他のページに遷移しなかった場合は、滞在時間は計測できません。

ページを開いて遷移せずに閉じることは、よくある行為で、かつその閲覧時間は計測できないので、個人的にはページ滞在時間は、参考程度の指標かなと思います。

関連カテゴリー(Googleアナリティクス)記事

www.kwbtblog.com

www.kwbtblog.com

www.kwbtblog.com