新しいことにはウェルカム

技術 | 電子工作 | ガジェット | ゲーム のメモ書き

クラウドのUbuntuに軽量GUI環境(Chrome・日本語入力表示・リモートデスクトップ)をセットアップする

クラウド上のLinux(Ubuntu)において、スペックの低いマシンでも、最低限のGUI作業(Chrome&日本語入力表示&リモートデスクトップ)ができるようにするための、GUI環境のセットアップについてまとめてみました。

背景

  • 最近はWebサービスを利用することが増え、Chromeと日本語入力ができれば、Linuxでも、Windowsに近い感覚で作業ができるようになってきました。
  • ローカルで作業してサーバーにアップする場合でも、ローカルの時点からLinuxで作業できれば、サーバーに上げるとうまく動かなくなったというトラブルも減ります。

そこで、クラウドや仮想端末で、手軽にLinuxで作業・検証ができるよう、最低限のGUI作業ができる軽量Linux環境を構築する方法をまとめました。

OSインストール

インストール

  • 最新のLTS版Ubuntuをインストールする

アップデートする

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

タイムゾーン設定

sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

日本語表示・入力設定

sudo apt-get -y install language-pack-ja-base language-pack-ja ibus-mozc fcitx fcitx-mozc
sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"
source /etc/default/locale

GUIインストール

パスワードを設定する

sudo passwd <ログインユーザー名>

パスワードでSSHログインできるようにする

  • 「/etc/ssh/sshd_config」ファイルを開く
  • 「PasswordAuthentication」を「yes」にする
  • ファイルを保存する
  • sshサービスを再起動する
sudo nano /etc/ssh/sshd_config
sudo service ssh restart

「ubuntu-desktop」をインストール

sudo apt-get install ubuntu-desktop

「mate」をインストール

sudo apt-get install mate-*
sudo apt-get install ubuntu-mate-*
echo mate-session > ~/.xsession

「xrdp」をインストール

sudo apt-get install xrdp
sudo update-rc.d -f xrdp defaults

「xrdp」の日本語キーボード設定&サービス再起動

cd /etc/xrdp
sudo wget http://www.mail-archive.com/xrdp-devel@lists.sourceforge.net/msg00263/km-e0010411.ini
sudo mv km-e0010411.ini km-0411.ini
sudo chmod 644 km-0411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini
sudo service xrdp restart

リモートデスクトップ設定

ここまでで、Ubuntuにリモートデスクトップでアクセスきるようになっています。 次にWindowsからリモートデスクトップでUbuntuにアクセスします。

  • 「リモートデスクトップ」を起動
  • [オプションの表示]
    • 「コンピュータ」
      • UbuntuのグローバルIPアドレスをセット
    • 「ユーザー名」
      • Ubuntuのユーザー名をセット
    • 他タブを適当にセット
    • 「名前をつけて保存」でショートカットを作っておくと、後で入力の手間が省けて便利です

GUI設定

リモートデスクトップでアクセスすると、UbuntuのGUI環境にログインできます。 ログイン後にGUIのカスタマイズを行います。

日本語入力設定

  1. [システム]-[設定]-[ルック&フィール]-[言語サポート]で「fcitx」を選択
  2. [システム]-[設定]-[Fcitx設定]
  3. 「Fcitx」の設定「Global config」-「入力メソッドのオンオフ」で好きな起動キーをアサイン(うまくいかないキーもあります)
  4. 再ログイン

Chromeをインストール

  • [アプリケーション]-[インターネット]-[Firefoxウェブ・ブラウザ]
  • 「chrome」で検索して、検索結果からChromeファイル(拡張子deb)をダウンロード
  • Chromeをインストール
sudo dpkg -i <ダウンロードしたChromeファイル>
google-chrome
  • [アプリケーション]-[インターネット]-[Google Chrome]が追加されます

最後に

以上で、日本語環境とChromeがインストールされ、最低限のGUIでの作業が可能になったかと思います。

  • [アプリケーション]にターミナルやファイルマネージャ的なものが入っていますので、概ねWindowsでやるような作業をGUIで行えます。
  • リモートデスクトップの設定変更や、背景を無しにしたり等、カスタマイズによりある程度レスポンスの向上がはかれるので、設定を色々試してみるとよいかと思います。

参考ページ