新しいことにはウェルカム

技術 | 電子工作 | ガジェット | ゲーム のメモ書き

ラズベリーパイをマウス・キーボード・モニターなしでPCだけで使えるようにする

Raspberry Pi4発表のニュースを見て、久しぶりにRaspberry Piを引っ張り出してきて触っていました。

Raspberry Piは前にも少し触っていたのですが、PCとRaspberry Piの間で、マウス・キーボード・モニターを行ったり来たりするのが億劫になって、次第に使わなくなってしまいました。

PCだけでRaspberry Piを使う、何かいい方法ないかなぁと調べていたら、下記の記事を見つけました!!

karaage.hatenadiary.jp

PCのVisual Studio Codeから、リモートで他のPCにアクセスし、そのPCのディレクトリをツリー表示してファイルを直接編集できるようにする拡張機能「SSH FS」です!

マイクロソフトも「Remote-SSH」という似たような拡張機能を出しているのですが

  • リモートPCはx86のみで、ARMのRaspberry Piには使えない
  • リモートPCに通信アプリがインストールされてしまう
  • ログインはSSHキーのみでID・パスワードは使えない

など、色々制約があって使うのを躊躇していました。

一方「SSH FS」は使い方も直感的で、想像通りの動きをしてくれます。

ラズベリーパイをマウス・キーボード・モニターなしでPCだけで使えるようにする
PCからWiFiルーターを経由して、Raspberry Piの「.bashrc」をVisual Studio Codeで直接編集する

リモートの環境も汚さないし、もうこれで決まりじゃないですか!いいもの見つけました!

ここまでくると、完全にマウス・キーボード・モニターなしにしたくなってきました。

以下、ざっくりと、「Raspberry Pi 周辺機器フリーへの道」の道のりを記しておこうと思います。

OSイメージ準備

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=JP

network={
    ssid="[ssid_name]"
    psk="[password]"
}

このSDカードをRaspberry Piに差して起動すると、WiFiに自動で接続してSSHログイン可能な状態で待機していてくれます。

IPアドレス探す

下記で、WSL(Windows Subsystem for Linux)からRaspberry PiにSSHログインして、Raspberry Piの基本設定をする。

ssh pi@[IPアドレス]
  • デフォルトユーザー名:pi
  • 初期パスワード:raspberry

IPアドレス固定

「/etc/dhcpcd.conf」ファイルを編集

sudo nano /etc/dhcpcd.conf

下記のような設定を追記(「192.168.111」あたりを、WiFiの設定に合わせて編集)

static ip_address=192.168.111.105/24
static routers=192.168.111.1
static domain_name_servers=192.168.111.1 8.8.8.8

Raspberry Pi基本セットアップ

sudo raspi-config

主な設定項目

  • [Change User Password] -> 初期パスワード変更
  • [Boot Options]-[Desktop / CLI]-[Console] -> GUI無し。コンソールログイン。
  • [LocalisationOptions]
    • [Change Locale]-[ja_JP.UTF-8 UTF-8] -> 日本語。文字コードUTF-8
    • [Change Timezone]-[Asia]-[Tokyo] -> 日本時間
  • [Interfacing Options] -> カメラ・I2Cなどのハードウェアを接続する時はここで設定
  • [Advanced Options]-[Memory Split] -> GUIは使わないので、メモリのGPUへの割当分を最小の「16」にする

Visual Studio Code 設定

  • 「SSH FS」拡張機能をインストール
  • Alt+v でコマンドパレットを開き「SSH FS」のコンフィグファイル作成
    • Raspberry PiのIPアドレス・ユーザー名・パスワードを設定して登録
  • エクスプローラーに「SSH FILE SYSTEMS」が追加されるので、右クリックで「接続」「切断」を行う

Raspberry Piのシャットダウン・再起動のやり方

下記コマンドで行う

sudo shutdown -h now # シャットダウン
sudo shutdown -r now # 再起動

電源は、必ずシャットダウンしてから切る

感想

ネット越しにLチカさせると、何かIoTしてるって感じがしてきます!

作ったアプリはGithubにでも入れておけば、いつでも復旧できるので安心です。

前に買ったけど、思ってたより面倒くさくて放置していた液晶ディスプレイも、ネットのソースコピペですんなり動きました。

ラズベリーパイをマウス・キーボード・モニターなしでPCだけで使えるようにする

やっぱり普段使いのPCでやると作業効率が全然違いますね。

これで興味のあった電子工作を再開できるといいなぁ。

参考記事

https://qiita.com/JHiyama/items/158ab35ed0247a7fc406