新しいことにはウェルカム

技術 | 電子工作 | ガジェット | ゲーム のメモ書き

Office365

Microsoft (Office365) PowerAppsからFlowに、マップデータを渡して、配列データを受け取る方法

Microsoft PowerAppsはコーディングができないため、PowerApps単体では、UI表示と画面遷移くらいのことしかできません。 なので、より凝った処理を行う際は、Microsoft Flowを呼び出して、Flowにやってもらうことになります。 その際、PowerAppsからFlowにデ…

Microsoft (Office365) Flow のデータの参照方法について整理する

Microsoft Flowは、基本型・配列・マップ(オブジェクト)などのデータ種類があるのですが、操作はGUIでラップされているため、どうすればデータから目的の要素の値にたどりつけるのかが、とても理解しづらいです。 値への参照方法を知っていれば簡潔に書け…

Microsoft (Office365) PowerApps 使い方メモ (その他)

www.kwbtblog.com www.kwbtblog.com の続きです。 関数メモ 演算子 関数・演算子 補足説明 =、<、<=、>、>=、<> 「!=」は無いので注意 &&、||、! !を使う時は「!(a)」とカッコをつける IsBlank(<値>) Null値、空文字列チェック 文字 関数 補足説明 Char(<ASCIIコード>) 10</asciiコード>…

Microsoft (Office365) PowerApps 使い方メモ (データソース・コレクション編)

www.kwbtblog.com の続きです。 Microsoft (Office365) PowerApps の、データソース・コレクションの使い方説明です。 データソースとは? Excelファイルなど、PowerAppsの外部のテーブルデータを、データソースとして登録して、PowerApps内で使うことができ…

Microsoft (Office365) PowerApps 使い方メモ

以前、Office365 PowerAppsを触っていました。 PowerAppsは、かな~りとっつきにくいツールで、使い方をメモしておかなきゃ忘れてしまいそうだなと思いながら、放置していました。 アプリを修正しようと久しぶりに触ったら、案の定すっかり忘れていたので、…

UbuntuでOneDriveを使ってみる

ここしばらく、OneDriveを触っていました。 UbuntuでもOneDriveを使おうとしたのですが、OneDriveにはLinuxのクライアントがありません。 調べてみると、フリーのLinux用 OneDriveクライアントがあるという記事があったので、試してみました。 qiita.com ざ…

Dropbox から OneDrive に乗り換えようと試してみたけどイマイチだった話

OneDriveは、Office365が付いてDropboxと同じくらいの料金なので、Dropbox更新を期に、DropboxからOneDriveに乗り換えようかと思い、しばらくOneDriveを使ってみた感想です。 下記のような事情で、正確には OneDrive for Business を使ってみた感想になりま…

Dropbox料金をケチろうとして、ビジネス向けOffice365のOneDriveに手を出して失敗した話

Dropboxの有料版を使っています。更新月が近づいてきたので、更新しようとしました。 料金は1200円/月…。あれっ?こんなにしたっけ? 1TBあるけど、半分も使ってないし…。1TB数百円だったら気軽に買えるんだけど、1,000円超えてくるとちょっと考えてしまいま…

Microsoft (Office365) Flow でエラーをキャッチする方法

Microsoft Flowを普通に使っていると、途中で何かエラーが発生すると、そこでアクションが止まってしまいます。 例えば、SQL Serverからユーザーリストを取得し、そのユーザーに対してSlackを送るFlowがあったとします。 ユーザーリストにユーザーがある場合…

日本の祝日データを取得するのに苦労した話

データベースで祝日テーブルを作成するために、日本の祝日データを探していました。 最終的には、下記のサイトから、一番欲しかったCSV形式でのデータが取得できた(作者の方ありがとうございます)のですが、それまでに随分回り道してしまったのでそのネタ…

Office365にアクセスできる、なんちゃってAPIをノンコーディングで作ってみる

Office365にはMicrosoft Graph APIというAPIが提供されていて、それを使えばOffice365にアクセスすることができます。 ただ、トークンを自分で取得する必要があったり、APIの使い方を覚える必要があったりしてちょっと手間です。 そこで、Office365のFlowを…