新しいことにはウェルカム

技術 | 電子工作 | ガジェット | ゲーム のメモ書き

Dropbox料金をケチろうとして、ビジネス向けOffice365のOneDriveに手を出して失敗した話

Dropboxの有料版を使っています。更新月が近づいてきたので、更新しようとしました。

料金は1200円/月…。あれっ?こんなにしたっけ?

1TBあるけど、半分も使ってないし…。1TB数百円だったら気軽に買えるんだけど、1,000円超えてくるとちょっと考えてしまいます。

他にも色々クラウドストレージサービスはあるし、そっちの方が安いんじゃないかと調べてみました。

主なクラウドストレージサービス

iCloud

iPhoneのバックアップ用でなんとなく契約してるけど、むしろPCで共有したくないので却下

Box

  • 100GB 1,200円/月

高い

Googleドライブ

  • 200GB 3ドル/月

容量足りない

  • 2TB 10ドル/月

容量多すぎ。1TBでいいから500円にして欲しい

OneDrive

プラン多すぎ…。ややこしい…。以下プラン列挙してみる。

OneDriveのみ

<個人向け>

  • 50GB 270円/月

容量足りない

<ビジネス向け>

  • 1TB 584円/月(年契約のみ)

ちょうど良さげ

Office365とセット

<個人向け>

  • Office365 Solo
    • 1TB 1,274円/月

<ビジネス向け>

  • Office365 Business

    • 1TB 1,167円/月
  • Office365 Business Essentials

    • 1TB 702円/月

1TBにOfficeが付いて1000円前後なので、OneDriveがお得に見えてきました。もう少し詳しく、Office365セットの内容を比較してみます。

OneDrive + Office365 プランの違い

  • SoloとBusinessは、アプリ版のOffice365が付いてます
  • BusinessとBusiness Essentialsは、Web版のOffice365が付いてます
  • SoleとBusiness Essentialsは、メールが付いてます
  • Soleには、Skype電話の無料通話が付いてます

う~ん…

  • ビジネス向けより、個人向けの方が高いって納得いかないなぁ…。
  • Skype電話なんていらないし…。
  • Gmail使ってるからメールもいらないし…。
  • アプリ版のOfficeが付いてるのには心揺れるけど、よく考えたらパッケージ版のOffice持ってるから必要ないし…。

どれも微妙でしっくりこないです。

色々迷ったのですが、しばらく使ってダメだったら解約する前提で考えると、ダメだった時Officeを入れ直すのは面倒なので、 一番安いBusiness Essentialsを試してみることにしました。(ビジネス向けOneDriveは年契約なので却下)

Office365 Business Essentialsの登録開始

ビジネス向けOffice365では、「xxxx.onmicrosoft.com」という独自のドメインが持てて、組織(企業)名を設定します。他とはドメインで別れているので、ユーザー名は好きに決められます。

モロモロの質問に応えて設定が終わると、晴れて管理画面が立ち上がります。

Dropbox料金をケチろうとして、ビジネス向けOffice365のOneDriveに手を出して失敗した話

あーー…。やってもーたー…。 一番やりたくない面倒くさいやつだ…。

OneDriveを試したかっただけなのに、ケチって値段だけで選んだが故に、一人情シスをするはめに…。

Office365がフルラインナップ…。一人Teamsもできちゃいます…。

Dropbox料金をケチろうとして、ビジネス向けOffice365のOneDriveに手を出して失敗した話

うっかり乗っ取られて高額請求きたらいやなので、取り敢えず2段階認証入れとくことに。

docs.microsoft.com

ほうほう。ユーザー毎に色々設定できるのか。

ほうほう。iPhoneアプリのGoogle Authenticatorは使えないのか。専用のMicrosoft Authenticatorがあるのか。

………。面倒くさっ!!!

しかも、肝心のOneDriveは、いつまで経ってもデプロイが終わらない…。

Dropbox料金をケチろうとして、ビジネス向けOffice365のOneDriveに手を出して失敗した話

ググったら24時間かかりますとか…。

answers.microsoft.com

アカーン。失敗した…。 というお話でした……。

Office365の 個人向けと、ビジネス向けの違いについて

参考までに、個人向けとビジネス向けの違いについてのメモです。

Office365

<ビジネス向け>

ビジネス向けは、企業毎にドメインで分けて、後の管理はその企業の管理者に丸投げ。

ユーザー作成や設定は管理者が好きにできる(料金はユーザー数に比例)。

ユーザー識別は、ユーザー名@ドメイン名で行う。(ドメインは企業独自のものに変えられる)

<個人向け>

個人向けは、Microsoftが管理している巨大なドメインのようなもので、ユーザーはいわゆるMicrosoftアカウントと呼ばれるもの。

ユーザー識別は、マイクロソフトアカウント作成時に登録したメールアドレス。

<ログイン>

ドメインにかかわらず、全てのログイン入り口はOffice365サイトからできる。Microsoftアカウントも同じ。

なので、ビジネス向けで作成したユーザーのログインメールアドレスを使って、別途Microsoftアカウントを作成することはできない。

OneDrive

<ビジネス向け>

OneDriveも、ビジネス向けは、ドメイン毎に作成され管理されている専用のOneDrive領域で、いわゆるOneDrive for Businessと呼ばれるもの。

<個人向け>

個人向けは、通常のOneDriveと呼ばれるもので、Microsoftが管理している。

Microsoftアカウントドメインの、巨大なOneDrive for Businessとも言える。

<個人向け Web版のOffice>

個人向けの、Web版のOfficeが、いわゆるOffice Onlineと呼ばれるもの。

Microsoftアカウントでログインすると、OneDriveに置いたOffice関連ファイルをWebで開ける。これが、Office Online。

Office365を持ってなくても、MicrosoftアカウントがあればOneDriveはデフォルトで割り当てられるので、誰でも使える。

感想

個人利用でビジネス向けOffice365は使ってはいけないなと思いました。

となると、OneDriveを個人利用で容量を増やしたいなら、Office365 Solo一択になりますね。

管理やチューニングが苦手で、フルマネージドサービス大好き人間なのですが、真逆なことしてしまいました…。

まぁ、せっかくOffice365 Business Essentialsを登録したので、取り敢えずしばらく使ってみて、追々OneDriveの感想書こうと思います。