新しいことにはウェルカム

技術 | 電子工作 | ガジェット | ゲーム のメモ書き

VSCodeのTypeScriptのバージョンを変更する

create-react-app app-name --template typescriptで、TypeScriptのReactアプリを作って、VSCodeで編集しようとすると

Cannot use JSX unless the '--jsx' flag is provided. ts(17004)

f:id:kwbtblog:20201128101028p:plain

というエラーが。

調べたところ、Reactのバージョン17から、TypeScriptのjsxオプションにreact-jsxを使うようになったのですが、それが使えるTypeScriptのバージョンは4.1以上からで、VSCodeのTypeScriptのバージョンが古いためにエラーになっていました。

そのうちVSCodeのTypeScriptのバージョンアップがされてエラーは解消されると思うのですが、取り急ぎローカルのTypeScriptのバージョンを上げて対処することにしました。

VSCodeのTypeScriptのバージョン変更はこちらを参照しました。

今のVSCodeのTypeScriptのバージョンは4.0.3。

f:id:kwbtblog:20201128101033p:plain

ワークスペースのルートフォルダにTypeScriptをインストール。

npm init
npm install --save-dev typescript

VSCodeのコマンドパレットから、Ctrl+Shift+pおよびtypescript selectで、使用するTypeScriptバージョンを選択して変更。

f:id:kwbtblog:20201128101038p:plain

f:id:kwbtblog:20201128101042p:plain

無事エラー解消しました。

感想など

VSCodeのTypeScriptのバージョンは、ファイルが置かれているフォルダを見て、動的に変更されると勘違いしてました。

関連カテゴリー(Visual Studio Code)記事

www.kwbtblog.com

www.kwbtblog.com