新しいことにはウェルカム

技術 | 電子工作 | ガジェット | ゲーム のメモ書き

格安SIMに変えて、半年ほど使ってみた感想

大手キャリアでiPhoneを使っていました。

7Gのプランでしたが7G超えることはなく、毎月の請求は1万円弱くらいでした。

何となく高いなぁとは思っていましたが、キャリアやプラン変更は面倒くさくてそのまま使い続けていました。

しかしその後、色々家計を見直す機会があり、余計な出費を抑えてみようかという話になりました。

ファイナンシャルプランナーの書籍や記事などを読むと、節約手段として必ずといっていい程、格安SIMの話がでてきます。

「格安」と聞くと、安かろう悪かろうと躊躇していたのですが、あまりにも定番なので気にし過ぎかもしれないなと思い始めました。

そこで、「格安SIM」とかで検索してみたのですが、業者やアフィリエイトのサイトがわんさか出てきて、やっぱりやめたとなりかけたころ、下記のブログ記事を読みました。

その記事の中で、格安SIMに関するサイトが紹介されていて、そのサイトで格安SIMに関する必要な情報が得られそうだったので、思い切って乗り換えてみることにしました。

ブログ記事

memorandums.hatenablog.com

格安SIM紹介サイト

kakuyasu-sim.jp

会社を選ぶ

格安SIMの会社は色々あるのですが、どこでも好きな会社を選べるわけではなく、使っているスマホによっては決まってしまいます。

今回は「UQモバイル」しか選択肢がなかったのでそこにしました。

プランとオプションを選ぶ

一度契約すると、高額なプランから低額なプランへの変更はできないとのことで、一番安い3Gのプランに、60分の通話と留守番電話のオプションを付けました。

トータルで月額3000円弱くらいです。

契約

手続きには運転免許証など身分証明書が必要なのですが、写真に撮ったものでOKで、店頭に行く必要はなく、全てネットで手続きを完結できます。

また、電話番号を引き継ぐには、今使っているキャリアに電話して、MNP番号を発行してもらう必要があります。

余談ですが、MNP番号発行依頼の電話をすると、色々引き止めトークを受けるのですが、その時初めて下記の事実を知りました…。

  • 今契約しているプランは、契約当初のお得プランの期間が終了して、通常料金になっているため高い
  • 他のプランに変えると今より安くなる

前からこんなに高かったかなぁと思っていたのですが、実は途中から高くなっていたのです…。自動更新じゃなかったっけ…!?

契約する時は、いかにお得かを、あんなにアピールしてたのに、本人が気づかない限り、そのままカモにするつもりだったんだねと思うと、少し悲しい気持ちになりました…。

なんだかんだでWebでの申込みが済むと、2・3日で新しいSIMが届くので、差し替えてすぐに使えるようになりました。

切り替え費用

キャリアへの違約金が1万円ほど、手続き費用が3000円ほどかかりました。

また、月の契約途中で変更したので、二重支払いした分も損しています。 MNP番号発行依頼の時に、キャリアの人にも言われたのですが、乗り換えるのなら月の終わり頃にした方がお得です。

前述のサイトに記載されているのですが、格安SIM会社のホームページには載っていない、キャッシュバックキャンペーンがあって、 そのキャッシュバックキャンペーンのサイト経由で申し込むことにより、1万円ほどキャッシュバックができました。

これを知らないで普通に格安SIM会社のホームページから申し込むと、キャッシュバックは受けられないので、積極的に利用した方がいいです。

あと、申込みをする前に、結局一度も使うことのなかったキャリアのポイントを、アマゾンギフトカードにして使い切っておきました。

使い勝手

速度

速度は今まで通りで不満はありません。

UQモバイルには、通常速度の「高速モード」と、低速(300Kbps)だけど通信容量を消費しない「節約モード」に、アプリで任意のタイミングで切り替えることができるのですが、 「節約モード」は遅すぎてWebサイトもまともに見られず、使い物になりませんでした。

繋がりやすさ

電波が十分届いているはずなのに、ネットが繋がらないことがちょいちょいあります。 具体的には、iPhoneのアイコンが下記のような表示になってつながりません。

格安SIMに変えて、半年ほど使ってみた感想

でも、一旦「機内モード」にして戻すとつながるようになるという謎の挙動で問題はないのですが、その作業が面倒といえば面倒です…。

チャージ

容量が不足した場合は、1G 1000円で追加容量を購入できます。

月3Gなのですが、厳密に言うと、基本は月2Gで、2年間だけ1G追加購入の料金が無料になるというややこしい契約で、トータル月3Gとなります。

なので、3Gにするには、毎月アプリを使って、手動で1G追加購入する必要があります。

使いきれかなった分は翌月に持ち越しで、購入から90日間有効なので、月の利用量が月3G以下だと、月に使える容量が少しづつ溜まっていきます。

格安SIMに変えて、半年ほど使ってみた感想

毎月最初に2Gの基本データ(青色)がもらえる

基本データに加え、追加データ(赤色)を別途購入できる

基本データを消費してなくなると、追加データが消費される

月に使い切れなかったデータは、翌月に持ち越す

毎月1G分の追加データは無料で購入できる(2年間)

工夫

アプリで、今月どれくらい通信したかを見ることができます。

今まで、通信容量どれくらい使ったかを意識したことはなかったのですが、時々確かめるようになりました。

また、今まで、WiFiが使えるところでも、キャリア回線でネットをしていたのですが、積極的にWiFiを使うようになりました。

ダイエットや節約で成功するには、記録をつけて把握すると良いと言われますが、正にそれと同じです。

実際、格安SIMにすることにより、容量当たりの料金も安くなってはいるのですが、通信量を意識して、それを減らす行動を取るようになったのが大きいかなと感じました。

乗り換えた当初は持ち越しが無く、使える通信量が少ないため小まめにチェックしていましたが、持ち越しが溜まった最近はあまり見なくなってしまいましたが…。

通信量を気にし始めると、今まで気にならなかった、動画広告や画像広告の通信量も気になってきて、「AdFilter」という広告フィルターアプリも入れています。

アプリあり・なしで比較していないのでどれほど効果があるかは分かりませんが、通信量節約している感はあります。気休めとも言えますが…

結果・感想など

毎月、料金(3000円弱)内に収まっています。

速度や繋がりやすさに起因するストレスもほとんど無いし、結果、月7000円弱ほど安くなったので満足しています。

3G超えることもないので、残り容量も7G程溜まって、急に容量必要になった時も大丈夫そうです。

この記事を書くにあたって、現状のUQモバイルを調べてみたのですが、今では2年縛りもなくなって、追加チャージ無し時の最小利用可能容量も3Gに増えていますね。

ぶっちゃけ、今は、昼間もWiFiが使える環境なので、それにより通信量が抑えられているのが大きいのですが、 仮に昼にWiFiが使えなくなったとして、月7G使うとした場合、もう1つ上の9Gのプランになって、月1000円アップといったところでしょうか。

まぁ、それでも今までより安く収まりそうです。

取り敢えず、もうあれこれ考えるのはやめて、現状のまま放置しようと思います。また高いなと感じたら考えます。

関連カテゴリー(雑記)記事

www.kwbtblog.com

www.kwbtblog.com

www.kwbtblog.com

www.kwbtblog.com

www.kwbtblog.com

www.kwbtblog.com

www.kwbtblog.com