新しいことにはウェルカム

技術 | 電子工作 | ガジェット | ゲーム のメモ書き

PCからESP8266にプログラムを書き込む方法

PCからESP8266にプログラムを書き込む方法についてのメモ書きです。

解説

自分向けのメモ書きなのですが、ざっくりと解説します。

  • ESP8266とは、WiFi通信機能をそなえたマイコンです。
  • PCでプログラムを作成し、それをESP8266に転送してプログラムを書き込みます。
  • この記事は、PCとESP8266を接続する際の回路、使用ソフトの設定に関するメモ書きです。
  • ESP8266にはシリアル通信でプログラムを書き込みます。
  • PCのUSBに、USBシリアル変換モジュールを接続し、USBシリアル変換モジュールのシリアル通信線をESP8266に接続します。
  • USBの電圧は5Vで、USBシリアル変換モジュールも5Vで動作しますが、ESP8266は3.3Vで動作します。
  • USBシリアル変換モジュールは、秋月電子のFT231X USBシリアル変換モジュールを使用した場合です。
  • USBシリアル変換モジュールのデバイスドライバーはhttp://www.ftdichip.com/からダウンロードします。
  • 使用するUSBシリアル変換モジュール(FT231X)は、3.3V出力端子をそなえており、それをESP8266の電源とします。
  • プログラムの作成と書き込みは、ArduinoのIDEを使って行います。

回路作成方法

ESP8266

ピン用途名 接続先
3.3V USBシリアル変換モジュールの3.3V
EN 10k抵抗でプルUP
GPIO15 10k抵抗でプルDOWN
GPIO2 10k抵抗でプルUP
GPIO0 10k抵抗でプルUP + タクトスイッチ(PGM)はさんでGND
RXD USBシリアル変換モジュールのTXD
TXD USBシリアル変換モジュールのRXD
RST タクトスイッチ(RES)はさんでGND
GND全てのどれか1つ GND

シリアル変換モジュール

ピン用途名 接続先
3.3V USBシリアル変換モジュールの3.3V

回路図

f:id:kwbtblog:20181206164151p:plain

f:id:kwbtblog:20181206164154p:plain

Arduino IDE設定

  1. [ファイル]-[環境設定]-[追加のボードマネージャーのURL]に「http://arduino.esp8266.com/versions/2.4.2/package_esp8266com_index.json」を追加。複数ある場合はカンマで区切る
  2. [ツール]-[ボード]-[ボードマネージャ]の検索に「ESP8266」と入れ、「ESP8266」を選択して「インストール」を押す
  3. [ツール]-[ボード]-[Generic ESP8266 Module]を選択

プログラム転送方法(転送モードにする方法)

  1. スイッチPGM・RESの両方を押しっぱなしにする
  2. RES→PGMの順にスイッチを離す
  3. ESP8266が転送モードになるのでPCからプログラムを転送する

プログラム転送

  1. USBシリアル変換モジュールをPCにつなぐ
  2. Arduino IDEを立ち上げる
  3. [ツール]-[シリアルポート]-[<USBシリアル変換モジュールのCOM>]
  4. ESP8266を転送モードにする
  5. 「矢印ボタン」を押してコンパイル&転送

実際に使う時の回路

上記の書き込み用の回路ではESP8266の動作が不安定なので、書き込み後実際に使う時は、「EN」に抵抗とコンデンサを接続して安定化させた方がいいです。

詳細は下記記事を参照してください。 www.kwbtblog.com